アプリ開発を請け負ってくれる会社の探し方

仕事などでアプリの開発をどこかの会社に委託しなければならない状況になることもあるでしょう。しかし、初めてこのような経験をする人にとってはいったいどのように委託先を探して依頼をすればよいのか迷ってしまうことも多いです。実際に開発を請け負う会社を調べてみるとたくさんの候補が見つかります。ですが、それぞれに特徴や得意分野が違っています。その中からこちらの条件に合った会社を選ぶにためにはいくつかのポイントを決めて会社を比較検討することが重要になります。検討のポイントとしては、どのような端末か・種類は何か・会員登録を希望するか・ユーザの規模はどの程度か・他のシステムとの連携はあるか等です。検討を行う際には、自分が希望するこれらの条件を明確にしておく必要があります。

希望する端末と種類で候補を絞る

委託を依頼する前に、まずは委託先の候補をいくつか挙げて比較検討し候補を絞り込んでいきましょう。最初の比較検討の際の視点としては、どのような端末か・アプリの種類は何か等です。まず端末についてですが、端末によって開発を行う際のプログラミング用語が異なってきます。希望する端末が例えばiosなのかAndroidなのかを確認しておきましょう。複数の端末にも対応できるところもありますが、希望する端末を取り扱っていない場合は候補から外していきます。次に希望する種類です。これには、業務・写真・ブック・ヘルスケア・エンタメ・SNS・ゲーム等たくさんの候補があります。それぞれの委託候補ごとに、取り扱いできない種類や得意な種類があったりするのでしらべてみるといいでしょう。

会員登録の希望や規模、他のシステムとの連携の視点で検討する

委託先を比較検討するにあたってのポイントに、会員登録の希望、ユーザーの規模、他のシステムとの連携の有無等があります。まず会員登録の希望です。開発しようと考えているアプリにもしも会員登録が必要ならば、データをサーバーで管理しなくてはいけないため、委託先にはサーバーやデータベースの知識・セキュリティの知識が求められます。委託候補の中でこれらの取り扱いがあるものを探しましょう。次にユーザーの規模です。もしもユーザー数が多いことを設定しているのならば、それらを管理するための知識や技術が委託先にも必要になります。また、ユーザーが多ければ多いほどトラブルにも対応しなくてはならなくなりますからその点でも委託先を絞ってみましょう。最後に、他のシステムとの連携です。連携を行う場合はより高度な知識とノウハウが必要になります。委託先だけでの取り扱いではなく、連携するシステム先とも協力しなくてはいけなくなるため、それが可能であるかも検討しましょう。