どんな会社がアプリを開発しているのか

アプリを開発している会社といってもさまざまですが、多くの場合には数十人規模のグループで作られています。現在のシステムでは、誰でも簡単に作ることができるように工夫されており、少しの勉強をすればアイデア次第で売れるものを作ることができますし、また簡単に収益化が可能です。このため以前と較べても参入がしやすく、また少ない労力でヒット作を作ることができれば大きな利益を得ることが可能です。一方でこれらを自ら行う人もいれば請負としてやっている人も居ます。使えるものや面白いものというものは、複数の人が関わることでより完成度を高められるためで、特に個人や少人数からスタートして大きくなるケースもあれば、最初から外注によって作り上げるといったケースもあります。

開発するための工程と時間、費用は

会社でもその担当者によって工程や時間は変わってきますが、基本的な流れとしては、企画をし、要件を定義して骨格を作ることになります。ある程度の構想がまとまればそれをもとにプログラム面での設計をし、一方で画面のデザインを決めます。ここまでが顧客が関与するもので、以降は開発会社が実際にプログラミングを行い作り上げていきます。このさいにプログラムだけでなく画面に表示させる装飾や、ゲームなどであればキャラクターの作成なども行うことになります。その上で完成したらテストを繰り返してバグの洗い出しを行い改良して、実用可能であれば顧客にテストしてもらい、納得すれば引き渡して販売が行われます。簡単なものでは1週間程度で作れますが、大掛かりなものになると1年以上の時間がかかります。また費用も短期間でも50万円程度は必要です。

アプリのヒットさせるための工夫について

作ったアプリが必ずしもヒットするわけではありませんし、また収益の方法に関しても理解しておく必要があります。販売によって得られるのがもっとも簡単な方法ですが、有料のものを使ってもらうにはそれなりの工夫が必要です。特に競合相手の多いものほど有料で使ってもらうのには差別化を行う必要があります。ただちょっとした便利なものといったものを安価で販売すれば意外とヒットすることもあります。無料の場合には広告収入で利益を得るというものですが、広告の位置などを考えてデザインする必要があります。有料と異なりアプリを使用し続けることで収益を得られるのが大きな魅力ですが、販売と異なって安定した収益を得るのが難しいといえます。いずれにしても使いたいと思わせるものを作るのがヒットさせる上での最大の工夫といえます。